✔️

琉球びんがたNFTのエコシステム

💡
琉球びんがたNFTプロジェクトが見込んでいるエコシステムの仮説です。

琉球びんがたNFTのエコシステムとは?

琉球びんがたNFTを販売することにより、琉球びんがたの価値を高めるエコシステムとして以下のような仮設を考えています。
■ 本プロジェクトで販売するNFTは2種類です
  1. 本染めNFT
  1. 型紙NFT

1. 本染めNFT

琉球びんがたの型紙に色を落とし染めたものです。琉球びんがたは、沖縄の豊かな自然や特色を鮮やかな色彩や図柄で表現した、最も代表的な伝統的手染物です。琉球王朝時代の15世紀頃より着物や帯のデザインとしても生み出されています。
notion image
■ 本染めNFTの役割
本染めNFTは、発行枚数が限られている型紙NFTよりも希少な1点もののNFTです。主に販売は、Foundationにて行います。本染めNFTに価格が付き、市場を流通することにより、伝統工芸品をNFT化して販売する事例の露出が増え、本プロジェクトの認知が広まり応援してくれる方が増加していくと考えております。
■本染めNFTの成長サイクル
  1. 【Pump】  :本染めNFT販売実績がニュースになり市場への露出量が増える
  1. 【Interest】  :ニュースに触れ、興味を持ったユーザーが本プロジェクトついて調べる
  1. 【Notice】  :本プロジェクトへの理解度が深まり、UGC商品の開発などを検討を始める
  1. 【Fan】   :NFTやUGCグッズの購入に繋がり、ファン化、コミュニティが拡大する
notion image
 

2. 型紙NFT

notion image
■ 型紙NFTの役割
琉球びんがたNFTプロジェクトにおいて、型紙コレクションとして販売します。主にOpenseaにて販売を行います。琉球びんがたの型紙は、シーグと呼ばれる小刀と、島豆腐を乾燥させて作るルクジューという下敷きにより突き彫りで、ひとつひとつ職人さんの手仕事により制作されています。

琉球びんがたNFTの成長サイクルについて

 
notion image
■ コレクティブルNFTとしての価値向上サイクル
  1. 琉球びんがたの本染め・型紙をNFT化、琉球びんがたNFTとして販売する
  1. NFT化された琉球びんがたはUGCに利用可能になる(NFT保有者以外でも利用は可能です)
  1. 琉球びんがたのデザインを利用したUGCグッズが製造され琉球びんがたNFTの価値が向上する
  1. NFT価値が向上することで、琉球びんがたNFTを購入するインセンティブが生まれる
■ 琉球びんがたコミュニティの拡大
  1. 琉球びんがたのコミュニティを形成する
  1. コミュニティ内で琉球びんがたNFTのUGC企画について検討を進める
  1. 琉球びんがたNFTの販売収益の一部は、UGC制作費用として充当し、UGCグッズ開発を推進
  1. UGCグッズの制作と販売を拡大
  1. 琉球びんがたNFT保有者にUGCグッズの売上から感謝の印として物品を運営会社から還元する
  • UGCグッズ制作や伝統工芸のNFT化に期待する想いについては、関連リンクをご参照ください
  • NFTの収益は運営会社を通してJPYで職人に還元される仕組みを想定しています